推薦者の声 こども成功塾をご推薦いただいている皆様からのメッセージをご紹介します。

「成功への5つの法則」をしっかりと身に付けているのと、
身に付けていないのでは将来大きな差が出来ます。

松尾 健一郎

  • 株式会社 松尾学院 代表取締役
    〈東進衛星予備校FCネットワーク加盟校
     現在兵庫県、大阪府、岡山県に16校舎展開〉
  • 株式会社松尾学院 設立(2003年)
松尾学院代表 松尾 健一郎 推薦映像
スマートフォン、タブレット端末をご使用の方はこちらから。

私は仕事柄、色々な生徒さんを見てきました。
その中で、「東大京大にストレートで通った、しかし就職出来なかった」という事例、その一方で「受験には失敗し、第一希望ではなくて第二希望に行ったけれども、卒業してみれば自分のなりたい仕事に就けた。そして十年後二十年後素晴らしい人生を送っている」という事例も沢山あります。
日頃から沢山の生徒さんを見ながら、「何が違うのか」とずっと疑問に思っていました。
私はこういう理由ではないかと思います。

1つは、生徒さんの気持ちや、もともと持っている潜在能力に問題があるのではないかと思います。
東大京大、もしくは他の大学に行くかは単純に学力だけの問題ですが、持っている潜在能力によって人生に大きな影響を与えるのではないか、そしてその1つがコミュニケーション能力であったり、誰からも好かれて愛される人格、あるいは目標意識をしっかりと持っている子、そういった子が学校に入っても社会に出ても活躍するのではないかと思います。

これは、実は見ていくと大学受験にもそのまま影響してくるのではないかと私は思っています。
大学受験では、最後は気持ちの問題、本当に精神力の勝負だと思うのです。
そこでコップが上を向いているか下を向いているか、精神的になかなか人の話を聞かない子よりも素直に人の話を聞き入れる子、あるいは目標意識をしっかりと自分で持っている子、こういう子は最後まで大学を諦めない。最後まで戦い抜くことが出来ます。
そして、そういった子が良い学校に合格して、さらにそこから自己研鑽して、大学卒業した後も社会に出て活躍するのではないかと思います。

そういった能力というのは、小学校もしくはもっと早い段階で身に付いているものなのではないかと考え、小学校の時期というのが非常に重要だと思っています。
小学生の時にこども成功塾でやっているような「成功への五つの法則」をしっかりと学んでいけば、受験にも役立つし、受験だけじゃなく大学に入ってからや卒業した後、更にそれが現実的に具体的に、潜在意識から健在意識に変わってくると思うのです。

そういった意味でも私は小学校の時期から子供成功塾で「成功の五つの法則」を身に付けていることは人生の財産になっていくのではないかと思っています。
そういった意味で、私は「こども成功塾」を大推薦します。

プロフィール
1967(昭和42)年
大阪府大阪市中央区に生まれる
1972(昭和47)年
父親の転勤により姫路市に転居
1986(昭和61)年
関西学院大学経済学部入学
1987(昭和62)年
「大学受験専門塾 神関塾」を姫路市古二階町に創業し、塾長となる
→高校生のみを対象とし、神戸大学、関西学院大学現役合格に特化した大学受験専門塾。
講師も神戸大学と関西学院大学の学生。
1992(平成4)年
関西学院大学経済学部卒業
(株)ナガセが全国展開を始めたばかりの「東進衛星予備校」の素晴らしさに感銘し、
「東進衛星予備校FCネットワーク」に加盟。
姫路地区では初となる「東進衛星予備校 姫路中央校」を姫路市古二階町に開校する。
2003(平成15)年
多校舎展開を目的に「株式会社 松尾学院」を創業
姫路中央校の生徒数増加に伴い、創業の地である姫路市古二階町より姫路市呉服町のビルに全面移転する
2004(平成16)年
多校舎展開第一弾として、2月に相生中央校、9月に玉造駅前校(大阪市中央区/2011年に生徒数増加に伴い、近鉄大阪上本町駅前に大阪上本町東校として規模拡張移転)を開校
2011(平成23)年
JR岡山駅前に岡山駅東口校を開校
2012(平成24)年
大阪府吹田市の阪急南千里駅前に南千里駅前校、大阪府高槻市の阪急高槻市駅前に阪急高槻駅前校、大阪府枚方市の京阪枚方市駅前に京阪枚方南校を開校させ、全16校舎となる
2013(平成25)年
神戸市、豊中市、吹田市に4校舎を新規開校させ、売上額、生徒数、合格実績ともに20年連続全国トップクラスの加盟校として躍進する予定