夢を叶える。 こども成功塾が誇る、「最高を引き出すための指導法」とは?

お子様の「最高」を引き出すための最大の敵をご存知ですか?実は、その最大の敵というのは、お子様の頭の中、心の中に存在します。

自己否定の発言を叱っても、一時的な変化だけですぐ元に戻ってしまい、どうしたらいいかわからなくなった経験をしたのは、あなただけではありません。

「こども成功塾」の塾生に 学校の先生も驚くような変化が現れるのは、授業を通じてこれらの「心の中の敵」を消し、


「リミティングビリーフ(メンタルブロック)」を取り除き、子供達の「本来の脳力(能力)」を引き出していきます。

ご存知のように、子供の脳は成長すればするほど、吸収力が小さくなります。逆に幼い子供には無限の可能性と言っていいほどの可能性が眠っています。
まだ可能性が大きいうちに、将来を左右する「本来の脳力(能力)」を引き出す準備を今すぐ始めてあげてください。

こども成功塾では通常授業だけでなく、野外で行うフィールドキャンパスや、
各分野の成功者の方々から人生を豊かにするエッセンス・成功の秘訣を学ぶ、外部講師特別授業を定期的に開催しています。

驚異的に伸びるきっかけを生み出す、フィールドキャンパスとは?
フィールドキャンパス

学んできたことを実践する。そしてその実践によってさらに成長する。
こども成功塾では毎年春に合宿形式で開催する『静深観己(せいしんかんき)』をはじめ、様々なフィールドキャンパス(野外体験授業)を行います。このフィールドキャンパスでは非日常体験の中で、これまで学んできたことを様々な形で実践するということを経験します。
中には少し勇気の必要な課題もありますが、先輩塾生、仲間の挑戦する姿、勇気、そして楽しそうに課題をやり遂げていく姿に自然と自分自身の「基準」が上がり、自分にも出来るという自覚、挑戦する勇気が芽生えます。フィールドキャンパスを終えた後、勇気や自信と共に、今までとは違う「基準」を手にしていることに気が付きます。お子さんの成長ぶりに驚くのは、お父さん、お母さんだけではありません。
過去のフィールドキャンパス風景
地震発生から2日後、一刻も早く被災した方々のために何か出来ないかと、協力いただける方々を募りました。
急な案内にも関わらず3日間の募金活動で集まった塾生・保護者は60名以上、姫路駅前にて募金活動を実施しました。毎日2時間以上、全員が力いっぱい声をからして叫び続けました。
その声に引き付けられ、あたたかい応援の声を掛けていただき募金にご協力いただいた人の多さに驚きました。「きっとみんな、誰かの役に立ちたいという気持ちを持ちながら、きっかけを探しているのだ」ということを感じられた体験になりました。
3日間で集まった募金は100万円以上、被災した熊本の皆様に、姫路市民の「心」を届けることができました。
< 熊本地震 募金活動 >
大型イベント「Dreams Come True 2015」の運営スタッフ体験
<大型イベント「Dreams Come True 2015」の運営スタッフ体験>
1ヶ月以上かけて、子供達が企画をした、お父さん、お母さん達に楽しんでもらう為のパーティーです。子供達の目標達成のお祝いの場でもありますが、受付、司会、ゲーム、食事の配膳まですべて子供達で行います。2014年のサンクスパーティーでは子供達から先生にサプライズのプレゼントがあり、先生全員が保護者の前で泣かされました(笑)
<子供達が企画したサンクスパーティ>
連続目標達成の「ご褒美」の要素が強いフィールドキャンパスです。仲間と共に目一杯楽しみ、友情を深めます。もちろん、ゲーム形式のプログラムやそれぞれにしっかり役割もあるので、ただ楽しむだけではありません。
<夏の海イベント>
「静深観己」とう名前のとおり、しっかりと自分自身と向き合う時間を大切にし、「勇気」「行動力」「リーダーシップ」「協調性」「コミュニケーション」「感謝」など様々なテーマを扱い、実際に体験をして気付きと成長を手にする2日間です。新入塾生との友情を育むプログラムでもあります。
<春の書写山合宿>
テレビで何度も見ていたはずなのに、現地に行くと言葉を失う・・・。 自分の目で「見て」実際に被災された方の九死に一生を得た実体験を自分の耳で「聞き」その場の空気を自分の肌で「感じる」こと。家が津波で流され、家族や大切な友達を失っても、力強く前を向いて生きている人達と直接触れ合うことで、子供達が得たものは計り知れません。
<東北被災地見学>
テレビで何度も見ていたはずなのに、現地に行くと言葉を失う・・・。 自分の目で「見て」実際に被災された方の九死に一生を得た実体験を自分の耳で「聞き」その場の空気を自分の肌で「感じる」こと。家が津波で流され、家族や大切な友達を失っても、力強く前を向いて生きている人達と直接触れ合うことで、子供達が得たものは計り知れません。
<気仙沼復興商店街ボランティア活動>
年間スケジュール
  • 春合宿
  • 夏イベント
  • サンクスパーティー
  • 外部講師特別授業
フィールドキャンパスQ&A
どんな体験ができるのですか?
教室では学ぶことの出来ない、「勇気が試される課題」「協力をしなければクリア出来ない課題」「考え、工夫をする必要のある課題」などを通じ、自らの成長を感じ、自信を深める体験が出来るようにプログラムを組んでいます。一段と成長し、たくましくなっていくお子様の変化を保護者の皆様ご自身で感じて頂けるはずです。
フィールドキャンパスを通して何が学べますか?
学ぶテーマは様々です。
普段と違う環境に身を置き、集中的に課題をクリアする事で、より幅広い考える力を身につけます。
団体行動が苦手なのですが、参加しても大丈夫でしょうか?
もちろんです。苦手だからこそ子供の可能性を広げるためにも是非体験させてあげて下さい。
そして、当塾では人とのコミュニケーションや集団での行動の取り方に馴染むための仕掛けが用意されていますのでご安心ください。
フィールドキャンパスに参加する前に何か準備する物はありますか?
持ち物に関しては事前にご案内させていただきます。
保護者の皆様には、当日明るく送り出していただくことだけ、ご協力いただいております。
外部講師特別授業 子供成功塾でお招きした外部講師の方々による特別授業です
外部講師特別授業
2016年
12月3日
講師:曹洞宗 善寿寺 小川由晃住職
テーマ:「本当の自分を知る」
6月5日
講師:NPO法人「エフ・フィールド」副理事長、
   一般社団法人「三月のひまわり」顧問 木村悠方子先生
テーマ:「日々の中の大切なこと」
4月23日
講師:鹿島アントラーズ元プロサッカー選手
   JFA公認S級コーチ 奥野僚右先生
テーマ:「勇気が未来をつくる」
1月30日
講師:株式会社サンマーク出版編集部 編集長 斎藤竜哉先生
テーマ:「出版の裏側と本の魅力」
木村悠方子先生、小川由晃住職
奥野僚右先生、斎藤竜哉先生
2015年
10月3日
講師:講演家、宝塚音楽学校87期生、
   元宝塚歌劇団「宙組」 堀内明日香先生
テーマ:「夢が実現する3つのキーワード」
8月8日
講師:住環境ジャーナリスト兼エコマーケッター
   信和義塾大学 塾長 中野博先生
テーマ:「人はなぜ学ぶのか?」
7月18日
講師:阪神タイガース元プロ野球選手 高波文一先生
テーマ:「夢を叶える考え方」
3月21日
講師:王貞治選手の「一本足打法」の生みの親 荒川博先生
テーマ:「なぜ王貞治は世界一になれたのか」
2月24日
講師:オリンピック金メダルチームのメンタルトレーナー 臼井博文先生
テーマ:「最強プラス思考」
2014年
11月1日
講師:サッカー元U17日本代表監督 松田保先生
テーマ:「日本人の魂とは」
6月21日
講師:エデュテ株式会社 代表 中尾信也氏
テーマ:「思考の特性について」
3月22日
講師:モリシタ@ホーム 代表取締役 森下吉伸氏
テーマ:「スッキリしよう!」子供のガス抜きセミナー
1月25日
講師:坂上建設株式会社 専務取締役 坂上功治氏
テーマ:「日本人としての誇り」
2013年
12月21日
講師:リザルトデザイン株式会社 最高執行役員,
   NPO横浜大学 心理学講師 高野内謙伍氏
テーマ:「コミュニケーション」
11月30日
講師:株式会社ジャパンゲートウェイ 代表取締役 堀井昭一氏
テーマ:「未来を描くことの大切さ」
10月29日
講師:七田チャイルドアカデミー 安井俊郎先生
テーマ:右脳のプロから学ぶ「右脳超記憶法」。
9月28日
講師:曹洞宗 善寿寺 小川由晃住職
テーマ:「信じる力」
3月12日
講師:(株)ヤマヒロ 代表取締役 三渡 眞介氏
テーマ:「家を研究してわかった、日本のすばらしさ」
2月19日
講師:英斎塾 塾長 三木英一先生
テーマ:「修身」
2012年
11月19日
講師:広島大学教授 町田宗鳳先生
テーマ:「海外から見た日本の素晴らしさ&成功者の共通点」
10月20日
講師:(株)赤鹿地所 代表取締役社長 赤鹿保生氏
テーマ:「幸せな人生を送るために」
9月25日
講師:松尾学院 代表取締役 松尾 健一郎氏
テーマ:「挫折から得たもの」